コピー機を使っている女性
欠かせない機器
白いプリンター

印刷をする時に欠かすことができないOA機器にコピー機がありますが、特にビジネスシーンではコピー機の故障は仕事に支障が出てしまいます。修理をする場合は専門業者にお願いするのが良いでしょう。

Read more

リースで利用する
複合機の操作パネル

仕事のシーンで利用するビジネスホンはリースで使うことが可能です。リースで提供する会社も今では数多く存在するので、簡単に利用をスタートさせることができます。今後はビジネスホンをクラウド化することで利便性を高めることができます。

Read more

印刷をするときは

キーボードとガッツポーズする人形

高品質なサービスをお約束。コピー機修理のことならこちらへご連絡ください。実績豊富なプロが対応致します!

会社を経営したいと思っている方はビジネスホンをリースしませんか?こちらでリースできる業者の口コミを見ることが出来ますよ!

正規品との違いについて

インクジェットプリンターで印刷をするとき、インクカートリッジが必要になります。インクにはメーカーが販売している「純正インク」と、その他の会社がプリンターにセットできる形で販売している「互換インク」があります。互換インクは純正インクと比べると大幅に安く販売されており、印刷にかかるコストを大きく下げることができます。互換インクはさまざまな会社が販売していますが、純正インクと比べると若干の色の差など品質に違いがあります。純正インクの場合はメーカーの保証があるため安心感がありますが、現在の互換インクのレベルは品質改良が重ねられて高レベルになっているため、普通に使っていて大きなトラブルに巻き込まれることは少なくなっています。

品質にこだっている純正と値段

互換インクはリサイクルで回収した外装に、工場で新しいインクを詰め替えることで値段の低価格化を実現しています。また若干の色あせが起きることもあります。純正インクはメーカーの保証もあり、劣化も少ないためキレイに印刷することができます。しかし白黒印刷など、色の差を気にする必要がない場合や大量に資料を印刷する場合は、純正で印刷するより互換インクを使ったほうがお得です。ヘッドクリーニングもコストを気にせず行うことができるので、ヘッドが汚れたまま印刷をしている純正インクよりもきれいなケースもあります。純正インクと互換インクを同時にセットして使うことは可能ですが、違う会社同士の互換インクを複数使用すると正常に印刷できないこともあるので気をつけなくてはなりません。

一括見積りで満足できる会社が見つかります。ビジネスホンのリースのことならこちらへ。とにかくコストを抑えたい方におすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加