リースで利用する

複合機の操作パネル

リースのメリット、デメリット

ビジネスホンを導入する際、新規の購入という選択肢とリースという選択肢がある。ビジネスホンをリースする際のメリットとして、初期費用を抑えられる、最新機種を利用できるという事が挙げられる。逆にデメリットとしては、途中解約ができない、リース金利が高い(購入した場合は、原価償却による決算処理になるが、リースした場合は損金扱いになり、平均して5年〜7年ぐらいリース金利を払い続けるケースが多い)等が挙げられます。ビジネスホンをリースする場合、これらのデメリットをよく理解して導入する必要があります。初期費用がほぼかからないというメリットだけで判断するのではなく、会計上の処理ををよく理解して導入する必要があります。

ビジネスホンの今後の発展性に関して

ビジネスホンをリースしてくれる会社は、インターネットで調べれば多数あります。必要な機種、台数、会計上のリース契約処理をしっかり把握して契約すれば、購入するより、メリットの方が多いケースもあります。また、ビジネスホンをリースすれば、得点としてコピー機等複合機を安価にリースできる等のケースもあります。また現在は、あらゆる物がクラウド化されています。今後、ビジネスホンもクラウド化される事も普及されていくと思います。クラウド化によって、ビジネスホンという電話という業務単体だけでなく、企業のあるゆるデータをクラウド上に保管、必要な時は取り出すといった新しいビジネス形態との連携が進んでいく事に期待したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加