リース会社を探す

女性とキーボード

保守サービスもチェック

ビジネスホンをリースする場合は、リース業者もしっかりと選ぶ必要があります。リース会社によってアフターサービスや料金もかなり様々なので、チェックポイントを抑えたうえで選ぶことが大切です。特に注意して確認しておきたいのが保守サービスの部分です。ビジネスホンも機械である為、利用しているうちに故障する場合があります。もし故障した場合であればリース会社に連絡して修理をしてもらいますが、保証会社によって、リース金額に保守料金が含まれている場合もあれば、含まれていない場合もあります。もし保守料金に含まれていない場合は基本の修理代金以外にも部品代や技術料など様々な部分で料金が発生する場合があります。故障した時に余計なコストがかからないようにする為にも保守サービスはチェックしておくことが大切です。

リースまでの流れ

ビジネスホンをリースで利用するときには、まずは設置する電話機を選びます。ビジネスシーンや業種によってリースする必要がある電話機が異なるのが特徴です。もし利用する電話機が決まったのであれば、ビジネスホンの見積もりを出してもらい、その後契約となります。ビジネスホンの場合は契約書類も多く必要となる場合がほとんどなので、契約の際に必要なものは事前にリース会社にたずねておくことが大切です。その後物件納品や工事、設置の確認を行い、利用がスタートされます。ほとんどの場合、支払いは毎月の銀行引き落としで発生するので、領収書や請求書が届くことはありません。こうした一連の流れによって、ビジネスホンを利用することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加